Media / Press2019-10-18T13:16:28+09:00

Review_[2015~2016년]画家李贞演①‥赋予灵魂的形态

8월 14th, 2019|

李贞演作家的各种形态form的主题《subject matter》比如说一些作家在日常文化中贯彻人类的文化产物各自绘制独立的作品,但是一般作家追求根本性的结构形态(重现或抽象)。有些作家的 倾向反而是他们依然从摆脱物质世界的境界寻觅精神上的意义。 笔者对这一点举例说明如下,20世纪初期的绘画作家Hilma af Kilint(瑞典)和Emma Kunz (德国),这的两位作家超越他们的生活经验把作品发展为人类自省的媒体,他们的作品皆追求 普遍性。独特的作品将我们带入未知的境界和感情深度。影响这两位作家思维的文化经验依旧铭 刻在作品上。 无论是技术、形式或是情绪,作家们都不会在同一个层次上工作。画家为了寻找某种独创性的形 象,选择涂料的材质。对此我们要深入理解他们采用的记号配合,内部结构形式的作品。一度追 求完成绘画作品深奥的独创性,为此作家需要发扬对世界的理解、灵性的意义,将所有的普遍经 验与新的记号及意义融为一体。[...]

Review_[2014年]論評の 眼②/イ・ジョンヨン展‥現代と伝統の骨太な合体

8월 14th, 2019|

画面に配される形態が、自由にして大胆。けれど比較的対照できるイメージの形象が、過去にまったくないわけでもない。偶然だろうが、例えば日本なら、堀越千秋の油彩をすぐに思い浮かべる。もっと遡ると、堀越も意識したかもしれないクレメンテやクッキといった、いわゆるイタリアのニュー・ペインティング作品をイメージさせる。かれらの色調が地中海的で、どこまでも屈託がなく明朗なのに対し、イ・ジョンヨンのタブローは、朝鮮半島の風土や民族性を想起させる。とりわけ多用する貝の象嵌は、李王朝や両班階級の文化の伝統を連想させられてならない。[...]

Review_[2014年]論評の 眼①/イ・ジョンヨン展‥現代と伝統の骨太な合体

8월 14th, 2019|

まず、結論から先に書こう。イ・ジョンヨン(李貞演)側に寄り添って考えると、もしも、自然と人間社会を初めに創造したのがキリスト教の神とすれば、敬虔な信徒である彼女は、その自然や人間社会、つまりもっと見に引きつけていうと、現実の自然そのものと朝鮮民族が日常的に愛着する造形物とを自分なりに再生し、それを絵画作品として支持体の平面上に配したのが、今回の大規模個展、ということになろうか。[...]