Media / Press2019-10-18T13:16:28+09:00

Review_[2013~2014년]作家イ・ジョンヨン③‥感覚の主体としての認識に対する理解であるといえよう

8월 14th, 2019|

作家イ・ジョンヨンは作品を通じて観客に旅を提案する。観客に見える側の向うにあるものを作家と共有できるように導く。彼女は誠実で情熱的な教授でもある。長い間大学では主に素描(drawing)を教えてきた。素描は見えるものを正確に捉えるのを目的とするが、同時にそれをどのように再構成してみせるかを訓練する。彼女は学生自らの目で形態をとらえ、色を認知し、それを再現する技術を身につけるよう励まし、その術の習得を助ける。彼女はそのような授業を通して対象と主体間の関係にフォーカスを当てる。しかし、最も重要なのは感覚の主体としての認識に対する理解であるといえよう。[...]

Review_[2013~2014년]作家イ・ジョンヨン②‥表現的でありながらも統制され、シンプルでありながらも強烈である

8월 14th, 2019|

洋家イ·ジョンヨンは大学で東洋画を専攻し、その後アメリカ留学、洋画と版画を学ぶ。初期の作品を見ると墨のボリューム感と濃淡が自在で、力強い筆のタッチも見える。また、余白さえもそのようなエネルギーを内包しているくらい、重みのある強さが感じられる。その後、洋画の媒体を取り入れた作品においては多様な線と色が画面を埋め尽くし、まるで視覚的要素がせめぎ合うように集約されている。[...]

Review_[2013~2014년]作家イ・ジョンヨン①‥比喩と洞察力で創り出したエネルギーの変調

8월 14th, 2019|

洋家イ·ジョンヨンの作品の大きな特徴は材料の構成にある。彼女は大枠にしっかり張った麻布キャンバスに絵を描く。漆の木の皮を剥がして採取した樹液をキャンバス画に下塗りをする。漆の樹液をキャンバス画に塗り重ねると、ほのかに染み出る赤黒いツヤは麻布と一体になってナチュラルに発色する。漆塗りの技法は元々家具や器、木の彫刻などに使われてきた。その採取した漆の樹液と篩(ふるい)にかけた細かい黄土にもち米の粉を混ぜてブラシを使わず、手で塗ってからその上に多彩な色を施す。そして黒くて濃い色を出す木炭粉を取り入れたり、鍾乳石の粉や骨粉、火山灰、貝の粉を使って白色または灰色を、鉄や銅粉を使って赤色を出したりもする。キャンバス画に漆塗りの粉をかけたり、金や卵の殻、アワビの貝の真珠質の部分を貼ることもある。[...]