Media / Press2019-10-18T13:16:28+09:00

Review_[2008~2013년]洋家イ·ジョンヨン③‥自身の內面を見せてくれる一種の內密の話であり,精神の物質化と言える

8월 14th, 2019|

彼女の作業はいわゆる精神の物質化とも言える.天然材料が持っている物質の屬性は神聖である.造物主の創造物は物質的價値の面において完璧である.それぞれ固有の價値と屬性を持っているからだ.世界のすべての物象に不良品は存在しないことからも分かる.從って彼女が用いる材料の一つ一つはそれぞれ完璧であることを主張する.すなわち?天然物質としての屬性をありのまま見せながら,彼女が目指す造形的イメ-ジをより鮮明に引き立たせることに素直に協力する.[...]

Review_[2008~2013년]洋家 イ·ジョンヨン②‥生かすことができる材料

8월 14th, 2019|

彼女が麻布をキャンバスの代わりに使うのは反物の持つ粗目の絲が表現のイメ-ジとしての役割をするからだ.畵板の上にはった麻布に何もしなく,ただその上に漆を塗るだけで,他の彩色材料は一切使わない.それだけで麻布は他の材料と同じく表現のイメ,ジとしての役割を十分に果たす.もちろん漆塗りの乾漆技法を採用するため,何も塗らないピュアな反物の狀態ではない.[...]

Review_[2008~2013년]洋家 イ·ジョンヨン①‥ 造物主の創造力を贊美する造形的純粹性

8월 14th, 2019|

繪を描く行爲は手の機能であり,手の技術でもある.しかし,目で認識する物象とは異なる形を創る行爲,すなわち形を單純化したり,變形·歪曲するのは創作の領域である.ありのままを素直に再現するのは樂しいが,これまでに存在しなかった新しい形象を工夫する創作活動には至福の喜びが待っている.新しさを希求する行爲は前人未踏の道を開拓することに似ている.それゆえ新しい何かを造り出す創作行爲はいつも胸をときめかせてくれる.[...]